ぼっち大学生の就職活動日記 #2

就職活動

 初めましての方は初めましてあきかんくりーむと申します。名前の由来は道端に捨てられてあった、クリームソーダの缶を見て、「あきかん」「くりーむ」という単語を組み合わせただけのものであります。名前だけでも覚えて頂けたらなと思います。

挨拶は毎回テンプレを使い回そうと思います(1回でもクレームが入れば即辞めますw)。前回から就職の状況はほとんど変わりないのですが、人生において貴重な時期だと思いますので、こまめに自分の気持ちを書き記そうと思っております。もちろん読者がいることを想定して。


今回の内容

9社1次面接で落ちていることについて

就活の軸が定まらない件について

自尊心落下

この3本でお送りしていこうかと思います。


就活日記 #2

1社も一次面接通らない理由を考える

 面接を今まで9社やってきました。3月9日が初の面接で対面面接が5社でWEB面接が4社です。約1カ月ほどやってきましたが、ほんとに緊張はなくならないですね。特に面接始まるまでの電車の中や待合室での待機時間が心臓が飛び出そうでした。僕は心を落ち着かせるために、スマホを開きメモ帳に今の気持ちだったり、受け答えの内容をとりあえず書いています。

客観的に自分を観察することが僕の緊張のほぐし方みたいですね。面接が終わった後も何を聞かれたか、何が答えられなかったかなどを帰りの電車で書いています。

しかし、当日は準備と反省を多くするのですが、次の日になると見返したりしないので、同じ失敗を次の面接でしたりと、勉強ができない僕の特徴が如実に出ています。


落ちている理由(あくまで自分の分析)

・受け答えが遅い&ハキハキしていない

・チームで大変だった経験・成し遂げたことがない

・自己PRのエピソードが薄い

・笑顔が少ない


上の3つの要因は自己分析が足りていないだったり、仕事への意欲がないことが原因だと思います。「仕事をする」という今の僕の考えを言うと、とりあえず与えられた仕事は一生懸命取り組み、その中で自分が出来そうなことを率先してやります!というスタイルでアルバイトをやっています。仕事をすることは嫌いじゃありませんし、勤務中は私語はせず(あまり良くない)、絶え間なく体を動かしている。じっとしていることがないので、何をウロチョロやっているんだと言われることもありますが、やることが無い時には店内のゴミ拾いだったり、商品整理をしています。

完全に余談でした。

ってな感じで仕事に対しては前向きなのですが、いざ自分で職業を決めて、正社員として会社の役に立つ人材だとアピールしてくれ!という面接になると、どうも尻込みしてしまいます。僕はなるべく競争はしたくないのですよ。

現在受けている業界もアルバイトに関連しているからという理由だと#1で書きましたが、そういう魂胆がばれているんでしょうね。


 また、チームで何かやった話やしゃべりの上手さも面接時には必要だと思いますが、ぼっち大学生かつ受動的な僕はこの手の質問であたふたしてしまいます。僕は嘘を吐くのが苦手なので、バカ正直にないですと答えています。この時点でこの子は職場で調和が取れず、ストレスが溜まって辞めてしまうから駄目だなと面接官の方は思っていることだと思います。僕自身が面接官であったら、調和が取れなさそうな人は難しいなと思ってしまいますもん。

就活の軸が決まらない件

 「あなたは、何を基準にして企業の説明会を聞いたり、選考に進んだりしていますか?」この質問に対しても、答えるのに毎回困っています。正直、新卒で会社に入社し社会経験を積むというのが僕の次のステップなのですが、その職業は話すのが苦手な僕は営業以外であれば、与えられれば、何でもやります、というスタイルです。

しかし、口を開けて待ってるだけの魚はどこの会社もいらないだろうし、仕事は何でもいい、何でもやると言っても、「じゃあ残業代なしで週6日働いてずっと苦手な嫌いな仕事をして下さい」と言われれば、「嫌です」という超絶ワガママな5歳児みたいなやり取りしかできない。


自尊心落下

 ここまで自分で書いてきたのですが、自分と向き合わず、就活の目標に向かって頑張ることもせず、怠惰な日々を送るだけの自分が「いやぁ~就活上手くいかなくて自己肯定感下がってるんですよ」なんて言うもんじゃないですね。

僕はプライドもなく、劣等生というレッテルを貼られるのは慣れていますし、自覚もあります。なので、底に落ちて気分が下がるというのが、人より少なく、落ち込み度が少ないのかもしれないです。面接は9割は発言の内容というよりは、外見、学歴、話し方、雰囲気、清潔さだと聞きました(人から)。1次面接で落とされた原因を顔や雰囲気だと決めてしまうと、変えられないことに対して悩んでいても仕方ないと思い、発言の内容を顧みることにしていますが、真理は目を背けているところにあるかもしれないです。


 脱線が過ぎましたので、ここらへんで締めたいと思います。現在新しい業界に首を突っ込んで、20社くらいにアプローチを掛けようとしていますので、また近況報告をさせて頂きます。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

↑あきかんくりーむのついったー

コメント

タイトルとURLをコピーしました